FC2ブログ

マダゴッキーのエリザベス

Welcome to "Elizabeth of Madagokke"!

翻訳Leggero

翻訳後、1ページ目は画像が消えるけど2ページ目からは戻るよ

Blog Ranking

はたしてゴキブリもペットとして認めてもらえるのか?
ちょっと興味津々だ♪

5Blaberus craniifer
5Gromphadorhina oblongonota
5Princisia vanwaerebeki
5Therea petiveriana
6Gromphadorhina portentosa
6Jewelry Glomerida
同志よ、応援して欲しい^^

Information

Welcome to my blog. Please inspect it slowly.
What will "Madagokke" be thing?To tell the truth ・・・, to you who thinks of "Madagokke" is Madagascan hissing cockroach.
★Notes
All Rights Reserved by This blog. Do not reproduce without permission. I have the copyright about my image and the described content.
Use on a business and a malignant site is prohibited. Please inform me of the welcome of the mutual link of the link when you link my sites.
I also link your sites.

◆◆◆フスカこと、アトロポス

カテゴリは「アトロポス」にしてはあるものの、相変わらず紛らわしい!
アレ以来、記事にしてないだろ?

もう・・・楽しくないんだ・・・
フスカって名前が気に入ってたのにさ。

B・アトロポス♀とチビ達

話は変わり、コイツラは増えていた。
順調に増えていたけど、トレードする相手も居なけりゃ売ってるところも判らない。

2年目なんで、雄だけでも入れ替えたいんだよね。
これまで、アトロポスのデカさ6~7cmを保ってきた苦労を、無駄にしたく無いじゃん。
しかし、今期はメスがやたらに多い気がする。

蜥蜴のように、高温環境が続くとメスの割合が増える傾向にあるのか?


B・アトロポス


そう言えば、ブラックアウトでコイツ等はいくらだったか判る人、居る?
教えてよ、トレードしてくれそうな人とか、相場とかさぁ~
(*^^*)お・ね・が・い~
スポンサーサイト



◆◆◆食べられたその時

ビックリした。
フスカことアトロポスのケージには、サツマゴキブリのAグループが一緒に入ってる。

DSCN3796.jpg

餌をあげようと思ってケージを開けたんだ。
昨日から同じ場所に居るし、変だな~と思って触るとサツマゴキブリが下に潜ってた。

食べてたんだよ、たぶん弱ったから食べられたと思うんだけど、まだ生きててさ、動くこいつを見たら可哀想になっちゃって・・・
本来ならたんぱく質の摂取にイイ事は判ってても、そのまま食べさせるのもイヤだった。

DSCN3801.jpgDSCN3800.jpgDSCN3799.jpgDSCN3798.jpg

DSCN3797.jpgDSCN3802.jpgDSCN3795.jpg


まだ固まってもいない内臓の画像。
趣味が悪いけど・・・クリックしたら大きい画面で見れるよ。

◆◆◆元フスカのアトロポス

可愛いとしか言いようが無い!


DSCN0174.jpg

パパと一緒にゴハンに群がる姿

DSCN0172.jpg

隠れていたシェルたーから出てきて食べる姿

DSCN0173_20100313014550.jpg

お兄ちゃんと一緒にみかんにかぶりついてる姿


DSCN0171.jpg

どいつもコイツも、可愛いぜぇ~

◆◆◆B・フスカのシノニムについて

ゴキファンの中でも人気の高いブラベルスフスカ(Blaberus fusca)が、ブラベルスアトロポス(Blaberus atropus)のシノニムであると判明した事を、信頼性の高いサイトで発表されていた。
そもそも、信頼するゴキブリーダーからの情報提供は12月はじめ頃だったのだが、確信の取れる情報源を私は見つけられなかったので以下のURLを参照いただきたい。
(http://blattodea.speciesfile.org/Common/basic/Taxa.aspx?TaxonNameID=68)のspecies atropos (Stoll, 1813)
上記はブロ友S様より報告のあったURL

日本国内では、ほんの2~3年前までにブラベルスディスコイダリス(Blaberus discoidalis)と非常に類似している種として扱われてきたブラベルスアトロポスの情報も、本来の姿を確信できないまま幻のゴッキーとして希少度を高めていたが、本来の姿が国内で流通しているブラベルスフスカ(Blaberus fusca)の形をしたものであったことになる。

今後は、ブラベルスフスカ(Blaberus fusca)の名が消え、ブラベルスアトロポス(Blaberus atropus)として扱われるようになる訳だが、何故に流通量の少ないブラベルスアトロポス(Blaberus atropus)の名が残り、流通量も比較的多い人気のゴキ、ブラベルスフスカ(Blaberus fusca)の名が消し去られてしまったかが納得できなかった。


これは世界中のゴキマニアやコレクターも思う事だろう。
どのゴキブログにもブラベルスフスカ(Blaberus fusca)は載っているが、ブラベルスアトロポス(Blaberus atropus)はフスカ似のゴキであったりディスコイダリス似であったりと、解明されないまま不思議な傾向にあったことは、ゴキマニアの方ならご存知のように、皆が楽しんできた2種である。

フスカ改めアトロポス

DSCN9865_20091224050735.jpg

Blaberus atropos (Stoll, 1813)
Blaberus fusca (Brunner von Wattenwyl, 1865)

Blaberus discoidalis(A.Serville1839)
Blaberus giganteus(Linnaeus 1758)
Blaberus latissimus (Herbst, 1786)
Blaberus craniifer(Burmeister 1838)
Blaberus colosseus (Illiger, 1801)
…等、ブラベルス一族には多くの種がある。
今回、問題にしているフスカとアトロポスには赤文字で表記しているが、まだまだブラベルス属の種類はこんなもんじゃないくらい、多い。
ここで、何故ゆえフスカの名が消されてアトロポスに統合されてしまったかだが、お判りだろうか。
ご覧の通り、シノニムとされた種は基本的に発見年月日の古いものが残ると言う事になる。

近年になってインターネットの普及により、世界中から個体画像を確認できるようになった事が、これまでに発見地・発見者等の言い分で新種と発表され、今日までに深く追求できなかった内容をあいまいにしていたことについて、興味熱心な研究者が成果を挙げられるようになったと言う事だ。
しかし以外にも世界中で人気のフスカの名が消えるとは・・・本当に残念だ。
まだこれからもシノニムと解明される種や、違う種類であったと新種扱いになるゴッキーも増えるだろう。


上記、これまでに当ブログに記載していた各学名および生態画像の訂正の理由について、説明とともに方向とさせていただきたい。
本題、ブログ内にあるカテゴリー【ブラベルスフスカ(Blaberus fusca)】を、本日より記事内容の学名および記載事項を残したまま【ブラベルスアトロポス(Blaberus atropus)】へ改正。
カテゴリー【ブラベルスアトロポス(Blaberus atropus)】の記事を削除致しますので、ご理解の程を宜しくお願い致します。




まぁ、言い訳ちゅー事だ。
ブログの記事内容を全部、今更訂正して回るのも面倒っちいしさ・・・
ちなみに、今回の報告で世界中のゴキマニアがフスカの名を消しアトロポスとして改め、今後はそう扱う事に抵抗も多くあるだろうし拒否する連中も居る事は確かだろうな。
自分が一番って思ってる人も多いじゃん。
皆、グループ違うと内容も違ったりするしさ。

P・S
信頼するブーリーダーからの情報を元に、本日まで悪戦苦闘しながら自らが確信できる情報源にたどり着けなかったことをお詫び申し上げます。
ブログファンの方々、申し訳ありませんでした。

◆◆◆フスカがフスカじゃ無くなった?

実はさ、先日信頼するブリーダーの人から「ブラベルスフスカは、ブラベルスアトロポスの同種(シノニム)と判明されたようですよ」と、そう言われ夢かと思った。
採取された地域で、違う学名がついたってワケだ。
で、アトロポスの方が名前も古いのでブラベルスアトロポスが残ったって言うことみたい。

それで調べるのに専門サイトを紹介してもらって、研究者グループに直接メールで聞きたかったんだけど、よく考えたら私のパソコンのセキュリティーでブロックされちゃう場合も多いので返事は無い?いや、届いていてもフィルターに引っかかると届かないか。

200904DSCN0017_20091223045614.jpg



写真は雌のフスカだけど、この色なら確かに私が思っていたアトロポスと見た目に違わないんだけどな~
って、言うか
アトロポスはディスコイダリスと似てたんじゃなかったのかい
専門誌は購読していないので全く判らない。

本来、ブリーダーが入手した情報に100%とまでは行かなくても信憑性はあるが・・・ブログ全体を改名訂正すのには自分の確証が欲しいところだ。


もう、フスカって名前のゴッキーは居ないんだってさ。
誰か教えてよ。
日本語で書いてるページを。。。ASAP 急げ~アタイ



ついでにドミノの地味な模様のほうは、新種だったってさ
これも名前を変えなければならん・・・のだが忙しい。
いや、専門誌に乗ってたって言う画像を送ってもらったんだけど、この時期は商品画像がタンマリ入るので画像は行方不明なんだ。

◆◆◆フスカの幼虫達

可愛いっちゅーか、、、まだ地味な奴等だ。

Blaberus fusca

Blaberus fusca



しかし、相変わらず人気だね。。。君達
早くデカく立派になってくれ

Blaberus fusca

◆◆◆ジャガイモよりニンジン?

いつも思うんだよね、コイツラってジャガイモとニンジンは、どっちが好きなんだろうってさ。


Blaberus fusca

Blaberus fusca



もっぱら好んで食べるのは昆虫ゼリーかもしれん。

Blaberus fusca


で、幼虫達は葉物がお好き

Blaberus fusca

粉餌か葉物が大好きみたいだ。

◆◆◆フスカの幼虫誕生!

ベビーラッシュだね~
まずはフスカの幼虫だ。

ディスタンティー

DSCN0137.jpg

DSCN0139.jpg

ブログランキング
押して欲しい・・・


◆◆◆フスカの雌達

ちょっと黒の強い子が居た。
別に写真を撮るほどの事も無いんだけどさ・・・

Blaberus fusca

Blaberus fusca

ブログランキング
押して欲しい・・・

◆◆◆フスカの幼虫誕生

ケースの掃除をしていたら、見つけた
Blaberus fusca ・・・ベビー

カワユイのお

Blaberus fusca

Blaberus fusca

ナニナニ ドコに居るのかって
居るじゃないか、ペラペラの幼虫が・・・

ブログランキング
押して欲しい・・・